イシスの息吹

since 2014-06-27 / Copyright 2014. 山本ユキAll Rights Reserved. ブログ・イシスの息吹及び裏・イシスの息吹の内容を許可なく転載・転用することを禁じます ブログのリンクはその限りではありません

沖縄

2017/8沖縄ご神事

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP) ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています) YEメソッド(これをせずしてエネルギー語るべからず) 裏・イシスの息吹 (マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず) #ヒマラヤ …

5回目の旧正月@沖縄 2

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP) ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています) YEメソッド[E:heart04](これをせずしてエネルギー語るべからず) 裏・イシスの息吹 (マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)…

5回目の旧正月@沖縄 1

山本ユキHP エネルギーの学校(私のHP) ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています) YEメソッド[E:heart04](これをせずしてエネルギー語るべからず) 裏・イシスの息吹 (マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)…

沖縄旧正月初拝み

山本ユキHP エネルギーの学校 ヒマラヤンヒーリング ブループリント協会 みなさま、ごきげんよう。 沖縄の師匠にお目にかかって4回目の旧暦新年を迎えました。 昨年までは、旧暦新年前に伺っていたのですが、 今年は初めて初拝みに参加させていただきました…

イザイホウ

みなさま、ごきげんよう。 昨日わたくしは「イザイホウ」 を友人の直ちゃんと見てきました。 直ちゃんは、私の数少ない友人で、 こんなマニアックな映画にも二つ返事でつきあってくれます。 沖縄久高島で12年に一度の午年に行われ、 現在は途絶えてしまっ…

沖縄 竜宮伝説とシャングリラ 7

海の中からは、 更に青い周波数の存在が、 無数に思えるほどの数、 やってきます。 そして、 その存在がどのようにこの地に関わっていたのか、 なぜ、現れたのか、 アムリタ7との関わり、 を伝えてくれます。 この辺りから、 この場所が大好きになって離れ…

沖縄 竜宮伝説とシャングリラ 3

ちょうど一時間眠り、目が醒めてから、 周りの気配が変わっているので、 ふと見ると、 今度は、 青い周波数の存在が四体。 朝までご一緒します。 この存在の詳細は、与那国島に移ってから明らかになります。 さて、早朝5時に師匠のところに伺い、 御嶽にお…

鬼餅 カーサームーチ

沖縄の師匠から、 荷物が届きました。 「もち」 と書いてあるので、 開けてみると。 月桃の葉に包まれたものが。 早速、師匠に電話して伺うと、 「これは、カーサームーチ。 鬼餅とも言います。」 との事。 旧暦の12月8日に向けて作られたそうです。 カー…

プレゼンス 4

そのクラスでの体験は、一過性の物であるかもしれない。もしかして、常にその状態が保てる人もいるかもしれない。 しかし、いずれにせよ、一度でもそれを味わえば、いつか必ずそれはかえってくる。 幸福な事に、クラスを終え、 すぐに山中湖に滞在し、 更に…

プレゼンス 3

24時間、 「プレゼンス」と向き合う贅沢な時間。 そして、 その中から生まれてきたものは、エネルギー体で存在する、 「プレゼンス」 のエネルギーだった。 その「存在」が部屋の中に現れた時、 ただただ涙が溢れて止まらなかった。 しかし、この時、 「存…

プレゼンス  2

朝になると、何故だか日本から持参したくなった画材を使い、ひたすら絵を描いた。 当初は、ミカエルにブレンドを作ってもらうべく、それを分かりやすく伝えよう!と、思い、「子宮」をテーマにした絵を描いていた。 しかし、夜になり、深い静けさの中で神聖…

プレゼンス 1

話が前後しますが、 どうにかニューアークからモントリオールまで辿り着き、 ミカエルの所に。 前回と同じくモニークさんのお家に滞在させてもらえる事になり、 大好きな親しみ深いお部屋に。 沖縄からの流れの中で、 波はまだおさまっていない。 大きな流れ…

風呂での会話 3

なるほど、 そういえば、根本的な想念自体が、 自分をそうなる様、作り上げているのだわ。 しかし、 これは非常に難しい。 非二次元の世界は、 概念としては入ってくるけれども、 生活全般、 生き方全般を一次元に持っていかなければならない。 全想念の入れ…

風呂での会話 2

その声は、 続ける。 「あなたの身体は神からの預かり物であり、 すべてが完璧です。 あなた自身が、 その身体に対する想念を持ち続けているのです。」 「私が愛するのと同じように、 あなたが自らの肉体を愛することです。」 これが、言葉だけだったら、 私…

風呂での会話 1

その具合の悪さは、 沖縄に行くと必ず起こる例の感じと同じもの。 しかし、説明しようにも具合が悪く口も聞けない私には、 両親に説明する気力もなく、 両親は、 「熱中症だ。」 と、その対策をしてくれた(。-_-。) 目を向けるベキことに目を向けないと、 こう…

神人とユタ 12

その後、相撲、綱引きと御神事は夜中の3時近くまで続くそうです。 師匠は、最後に、「ウチのモノ達にもね、『今度は、あんた達も参列しますよ。』と、言いました。」そして、「また、来て下さい。待ってますよ。」と声をかけてくれました。 あの日からずっ…

神人とユタ 11

御嶽での御神事を終え、 ご実家に戻られても、 沢山の来客者の方に一人一人対応される先生。 ご迷惑にならないように、 私たちは、近所のショッピングモールに涼みにいきます。 夕刻からも御神事は続き、 ご実家のお庭に3本の大きな旗が立ちます。 この際に…

神人とユタ 10

いよいよ御神事が始まります。 8つの地域の代表の方々がそれぞれの地からお持ちになった、 ビンシーと言われる、「実印」と同じように 代々受け継がれる大切な容器に、お米とお神酒を入れた物と、 重箱にお米を9合入れた物を神さまの前にそれぞれ8つ並べ…

神人とユタ 9

また、沖縄の歴史は、けして安穏なものではなく、 私が知る限りでも、 時の権力者たちに搾取され続けてきました。 師匠は、同じ日本とはいえ、 いつも、「本土」と「こちら」という表現をなさいます。 先生の手を取りながらの この「殿リシチ」までの上り坂…

神人とユタ 8

何枚も重ねられた神衣装の一番上に羽織られている、 白い衣は、 この地域の方々が畑仕事等の合間に、 ひと針ひと針誰に言われるでもなく、 入れられて出来上がったものだそうです。 「山本さん、 神人というのはね、 その土地の人の上に立てる人でなくてはな…

神人とユタ 7

彼女が運んできてくれたのが、 この氷入りの、発酵していない甘酒のような飲み物。 6月のウマチーリシチには欠かせない飲み物のようです。 これを飲むと、身体の熱を下げる効果があると仰っていました。 さっぱりとして甘さ控えめの美味しい飲み物です。 (…

神人とユタ 6

翌日は、いよいよご神事の日。 早朝に、南に向かいます。 先生は、 「今回、山本さんは『神人とユタ』の違いを学びにきましたよ。 明日、それが分かりますからね。』 というような事を仰っていました。 先生から「概念としての。」神人とユタとの違いは教わ…

神人とユタ 5

今朝の具合の悪さも御嶽に着いた途端にスーッと消え、 またしても、沖縄の濃密なパワーは これでもか! と、 見えない世界を目の前に突きつけてくれます。 さて、斎場御嶽。 数年前に師匠との出会いがあったところです。 麓のお家でお茶とお昼をご馳走にな…

神人とユタ 4

その後、ぬちまーすの施設でランチ。 この上にも御嶽があります。 この景色の素晴らしいこと! 今回の沖縄の旅の中でダントツの絶景ポイントでした。 後で、聞いた所によると、 ここは龍の頭になるそうです。 だからちょっとフラフラします。 この美しい海で…

神人とユタ 3

そこには、大きな一本の木があります。 その下には、 洞窟があります。 本当に、誰がここに このような場所がある事が分かるでしょうか? 洞窟の前に立ってお祈りします。 しかし、場が開きません。 先生のお名前を申し上げ、ご挨拶やり直し。 やっと繋がり…

神人とユタ 2

車で一時間半。 目的地付近で降りると、 先生が教えて下さった場所がありました。 しかし、お社があるわけではなく、 何もない廃墟のような所です。 「突き当たりのこんもりした森の中。」 の、表現の場所を見つけ、 入っていきます。 「ハブに注意。」 の看…

神人とユタ 1

さて、大神島から戻り、 早朝に師匠のお宅に伺う朝、 4時に目が覚めると、 めまいと頭痛と、吐き気。 前回の沖縄と同じ状態。 そのままベッドに横になっていたかったのですが、 エネルギーの学校のメンバーを先生の所にお連れしなければなりません。 なるべ…

大神島

久しぶりに沖縄。 今回は、 一年の中でもとても大切な五穀豊穣の祭祀があるとのことで、 師匠に誘っていただきました。 今回は、その前に大神島に行かせていただきました。 師匠に、沖縄でのしきたりをいつも教えていただいているので、先ずは、宮古島から島…

沖縄からサバトへ 33

車に乗り込み、 人穴に向けて出発。 スムーズに富士山の麓にある湖のあたりまで行くのですが、 カーナビの様子が途中からおかしい。 どうも、さっき見た風景と同じ所を廻っている。 湖の周りをクルクルと。 廻っている間。 三人三様の内的な葛藤に入っている…

沖縄からサバトへ 32

早朝に起きて、お風呂に入って準備を済ませ、 まずは、諏訪湖に行くよう言われるので、 諏訪湖のほとりに行きます。 すると、 「この鏡をそれぞれが携えるように。」 と、指示を受けます。 鏡のようにすっきりと澄みわたる湖は、 私たちの心を映し出します。…