イシスの息吹

since 2014-06-27 / Copyright 2014. 山本ユキAll Rights Reserved. ブログ・イシスの息吹及び裏・イシスの息吹の内容を許可なく転載・転用することを禁じます ブログのリンクはその限りではありません

3月のエネルギーの学校 ひまし油とエーテル体

blueprintjapan.com

 

みなさま、ごきげんよう

3月はひまし油湿布を使って、

エーテル体の世界を徹底的に探求しました。

何故だか、ひまし油湿布をしているとエーテル体感覚を掴みやすくなるのです。

しかし、ただ湿布をしているだけではなく、

意識を向けるためのコツがあります。

それによってメンバー全員がエーテル体感覚を掴み、

その世界を堪能しました。

 

そして、何よりも面白いのが、

エーテル体単体になった時に、

そこに感情が浮かび上がらない事です。

実に爽快です。

これは当たり前と言えば当たり前のことですが、

皆で確認できたのも素敵なことです。

たっぷりと時間をとってひまし油湿布をしながら、

エーテル体にエネルギーを移行させ、

その後、ペアを組んでエーテル体の滞りにワークしていきます。

 

面白いことに

と言ってもこれも当たり前と言えば当たり前のことですが、

エーテル体が滞っているところには、

十中八九感情的な滞りがあります。

一枚づつ薄衣をはがす様にその滞りをとっていくと、

面白いくらいに身体つきが変わっていきます。

顔つきが変わります。

お稽古してもどうしても落ちなかった肩が落ちたり、

どうしても引っ込まなかったお尻が引っ込んだり。

歩きかたが変わっていたり。

眼光の鋭さが軽減したり。

体癖には理由があるのですね。

 

エネルギーに時空はありませんから、

滞らせた事象がその後必要なくなっても、

律儀に維持させ続けて体癖や感情、思考のパターンになっている事が、

エーテル体のワークによってよく分かりました。

要は、

既にその事象はなくなっているのに、

後生大事に持っているのはもったいないという事。

それが素敵な事でしたらまだしも、

滞りの殆どは、過去の傷から来ています。

しかも、傷つけた相手は傷つけた事もおそらく忘れていますし、

もしかしたら傷つけたことすら気づいていない様な事象です。

小さなことから大きなことまで、数十年間も!

エーテル体には様々な滞りとして残っています。

 

一つの滞りを丁寧に読み解き解放すると、

エーテル体の世界が無限に流れ始めます。

その気持ち良さを

施術する側も一体になって感じる事ができるのです。

 

エーテル

実に面白いです。

 

終わった後、顔つきも体癖も変わったメンバー。

更にエネルギーの世界の楽しさを感じてくれた事でしょう。

 

平日クラスでは、魂のラインを味わい

土日クラスでは、私の背中にある過去へと続くアストラルのトンネルの作業をしてもらいました。

来月、クラスの移動があるとやる事が変わるのでご注意ください。

 

f:id:yukiyamamoto:20190318110735j:image 

f:id:yukiyamamoto:20190318110740j:image

f:id:yukiyamamoto:20190318111715j:imagef:id:yukiyamamoto:20190318111722j:image

 

 

 

 

 

 

3月9日医療従事者特別クラス(蕨)報告

blueprintjapan.com

 

みなさま、ごきげんよう

3月9日蕨にて医療従事者特別クラスが開催されました。

今回は、2部構成で、

第2部は、小用先生に

「医療従事者と初心者のための特別クラス」をお願いしました。

昨年の10月8日に光の花クリニック講演会において大変好評だった為に、

再度開催希望の声が多数ありお願いしました。

 


長くなりますので、

目次を

第1部内容

第2部内容

次回開催予定

ご参加くださった方のフィードバック

 

第1部では、

参加者のエネルギー状態をチェック。

私がコメントするよりも、ご自分で体感していただきたかったので、

5つのパターンのエネルギーシステムに振り分けで、

ご自分のエネルギーの状態を味わっていただきました。

次に、自分とは異なるエネルギーシステムの中に入っていただいて、

その違い、自分のエネルギーがどのように変化するかということを簡単に感じていただきました。さらに、作り手の違う3種類のジュニパーベリーの精油を使って、

3つの周波数を体感していただき、

その時点で、ご自分に一番馴染む精油をチェックしていただきました。

 

 

 

その後、ボランティアのクライアントの方をお招きして、

ヒーリングデモ。

1ケース目、重度ストレス反応、身体化障害(解離性痙攣、高血圧)

2ケース目、外傷後ストレス障害(複雑性)

1ケース目は、少しのエネルギー的心理的関与でも反応が出るので、

触ることもエネルギーを流すこともできない難しい状態です。

(白川先生はいつも難解な課題を下さいます)

高血圧も西洋医学的には読み解けない高血圧だそうです。

HEFに亀裂が三箇所ありましたが、そのうち一箇所はまだ扱えない状態。

非常にデリケートに扱わなくてはなりません。

一緒にいらしていた息子さん(成人男性)がお母様の近くに来るとお母様のエネルギーが変化するのが見えたので、初めてのケースですが、息子さんをお母様の代わりにエネルギー調整を。

お母様には息子さんのエネルギーフィールド内に座っていただきました。

このようにご本人を扱えない時(小さなお子様でおとなしく横になれない様な場合)お母様のお身体を代わりにエネルギー調整をする事はありましたが、息子さんを代わりに施術するのは初めてです。

脳の調整、脳幹へのアプローチ等を済ませた後、より深いレイヤーで二つの領域を扱いました。

最終的に、お母様のエネルギーシステムは正常に戻り、

デリケートな部分にエネルギーを流しても痙攣が出なくなりました。

血圧の症状も落ち着きました。

クラスでの特別なセッションになるので、

何を感知し、何を見て、それをどの領域でどの様に調整しているのかを皆様にお伝えしながらのセッションになります。

エネルギー調整をする度にどの様な変化があるか息子さんにフィードバックをもらいますが、

彼の感性が非常に高く、周波数を変えると波動が変わることを明確に言葉になさっていました。また、それを色として的確に捉えていました。

自分の見解だけでなく、白川先生からは精神医療・心理学の領域から的確なアドバイスをいただけるので、こうして協働させていただく事はとても勉強になります。

 


第2部では、

小用先生のドラエもんのポケットの様なアイディアの源から出てきたペットボトルを使って、

初心者にも分かるような身体の使い方を教えていただきました。

「ペットボトルを用意してください」

とご連絡頂いた時には、まさかこの様な使い方があろうとは思いもしませんでした。

大変大勢の方がご参加くださったのですが、

刀禅からは島上さん、坂元さん、前田さんもサポートに来てくださり、

手厚くご指導いただきました。

 


第1部のデモにご協力いただいた3人の方も参加してくださいました。

当初、お疲れにならないか心配していましたが、

とても楽しそうにお稽古され、

終わった時には更に別人の様なエネルギー状態に変わっていました。

やはり、心とエネルギーの状態を整える為には、

身体へのアプローチは欠かせないものだと実感しました。

小用先生も白川先生もその道の第一人者です。

一人でのセッションでは扱えない領域を検知しカヴァーしていただけるので、

この連携は私にとって一人では なし得ない気づきがあり、何よりの楽しみです。

 


身体と心とエネルギーの連携は非常に有効であることを今回も実感いたしました。

小用先生、白川先生ご協力ありがとうございました。

 


次回の医療従事者クラスは、

7月13日(土曜日)10:00~

阿佐ヶ谷の白い花で開催予定です。

 

 

 

参加され、その後お目にかかった方々の声を一部載せます。

お話伺っていない方。

もしよろしかったらフィードバックお願いいたします。

今後の参考にさせていただきます。

第1部

・デモを見ていて、親子の方の顔が同時に変化する事。空間が変わるのにびっくりした。

・香りのワークの後で、入ってくるものが変わったのは面白かった。

・デモで親子の関係において、色々なあり方がるのは興味深かった。

・エネルギー的な親子の絆の深まる感じで感動しました。

・親子のつながりの深さ、また親子間の繋がりなど新たにセッション後の変化を見て勉強になった。

・親子のワークは大変興味深かった。血縁だから可能なのか?ステップファミリーの場合どうなるのか知りたい。こもワークは有効なのだろうか?

・親子の関係の深さに驚いた。自分の中にもあると感じ、未自覚さに怖かった。ユキさんが光って見えた(ヒーリング時)

・親子の濃密さ、子供をする事で親も変化するということに驚くとともに身内の繋がりの根深さに怖さも少し感じた。

・最後のエネルギーのつながりの先祖代々の解消されないものの強さにホーッと大変だなと思った。

 


第2部

・楽しかった。形を細かく見てもらえてよかった。

・ペットボトルを入れて行うやり方を覚えてまた一つ向上しそうな気がした。

・アシストしてくれる人がいてよかった。

・もう少しやりたかった。ありがとうございました。

・飲み会が楽しかった。

・家に帰って思い出そうとしてもなかなかよみがえらないので、一つづつ、先ずは足裏アーチを頑張ろう。

・壁を使っての取り組み、背部の膨らみをTaikanするのに勉強になった。

・小用先生ご一門のサポートも手厚く大変良い勉強になった。また、日頃の月次のクラスでユキ先生が惜しみなく教えてくださっている事も実感でき大変感謝です。

・小用一門のサポート繋がり素晴らしかった。

・小用先生の場は何とも言えない濃密さがありました。

・小用先生のファミリーの皆さまに教えていただき分かりやすかった。毎月クラスで教えていただいた上で参加できたので分かりやすかった。と感じた。

・小用先生のふわっとした強さが、なんか暖かかったです。腹圧をかけることに意識を持っていきすぎると背中が丸くなってしまうことに気づいて、難しいです。

 

f:id:yukiyamamoto:20190317072519j:image
f:id:yukiyamamoto:20190317072523j:image
f:id:yukiyamamoto:20190317075112j:image
f:id:yukiyamamoto:20190317075145j:image
f:id:yukiyamamoto:20190317075119j:image
f:id:yukiyamamoto:20190317072503j:image
f:id:yukiyamamoto:20190317072514j:image
f:id:yukiyamamoto:20190317075116j:image
f:id:yukiyamamoto:20190317072506j:image
f:id:yukiyamamoto:20190317072510j:image

 

 

身体という装置 1

blueprintjapan.com

 

blueprintjapan.com

 

ブログの更新をしなければと思いつつ、

クラスでのエーテル体研究に伴ってグループで動いているエネルギーをホールドしていると

手が回らず。

日々、

「全ての感情を私たちは持っている」

と実感しています。

 

そしてそうしていると、外側の世界に何かを提示していく事を少々不自由に感じるのです。

外側の世界に「何か」を提示する為には鎧が必要で、

それが重苦しく感じるのかもしれません。

 

また、内側の世界の深遠さは外側の深遠さにも繋がり、

その何処を切り取ってお話ししてよいのか、

限りなさ故にいつ立ち止まって良いのか、思案し、

ウカウカしているうちに日にちだけが過ぎていくのです。

 

しかし、エネルギーを提示する事を怠れば、

それは片方のエネルギーが過多になる事でもあり、

不均等が増してくるので、

何処かで区切りをつけて、提示しなければと思っています。

あまりに沢山の情報があり、

どの切り口でどの様にお話しすれば伝わりやすいのか、

色々考えますが、

「身体という装置」

という切り口でお話ししてみようと思います。

 

BDAという身体と心とエネルギーの探求をしていると、

3次元でもそれぞれが面白いほど結びつき、

絡み合い、

それが多次元に渡って影響しあっているのを見ていると、

本当に美しい音色や色彩が無限に広がり壮大な宇宙を身体の中に感じずにいられません。

 

心もエネルギーも物質的に手に取れるものではないけれど、

私たち人間は、

「身体という装置」

を通してそれを様々な角度から認識していくことができるのです。

 

私たちのこの物質的な肉体には、

私たちが持つ様々な「身体」を探求するスイッチがあり、

そして、この身体があるからこそそれが可能であり、

スイッチ変換も非常に明確に行うことができます。

もしも、物質的な身体がないエネルギー体だけの世界であれば、

変換する事はたやすい事ではないと思うのです。

 

ひとたびこのスイッチを扱う事ができる様になれば、

面白い様に様々な世界が見えてきます。

ですから、

その為にも、私たちはこの「身体」のスイッチ操作が上手くいく様な状態にしておく必要があります。

 

私たちが生きている中で一番難しいのは、

感情の扱い方

ではないかと思うのです。

「いえいえ、私は感情には左右されていません。思考タイプですから」

と仰る方もいらっしゃいますが、

その多くの方は、感情を抑圧している状態です。

この状態では、上手くスイッチは機能しないのです。

自己感情をしっかりと掌握して統制が取れるようになってはじめて多次元スイッチは機能し始めます。

 

そこで、YEメソッドが登場しました。

一段階目はYEメソッドでクリアできると思います。

しかし、その下にも潜在的に蓋をしていた感情がある事に気づかれた方も多いのではないかと思います。

潜在的なものは、自分ではなかなか気づかないものです。

次の段階では、

「身体」

からのアプローチになります。

 

身体は、装置でもありますから、

鍛錬する事は装置のメンテナンスにもなります。

それと共に、

なかなか自分では気づかないパターンが、

基準に則った鍛錬をする事によって浮かび上がってくるのです。


f:id:yukiyamamoto:20190311151732j:image

Cカーブのbaby

 

f:id:yukiyamamoto:20190311151922j:image

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月のエネルギーの学校

blueprintjapan.com

 

 


blueprintjapan.com

 


 

 


○初日

エーテル体鍛錬のフィードバック

・沖縄のエネルギーについて

・場が開くということ

・透明な「たま」をそれぞれが自分のうちに共鳴させる

・「タワー」を壊す

→ジャックの16のオイルの中から自分の空間を呼応させるものを選ぶ

1.限定のない状態で味わう

2.肉体、心、エネルギーにわけて嗅いで感じる

1日目に選んだオイルと一晩付き合い、

眠っている間の自分を観察する。

 

○2日目

・初日の宿題のフィードバック

・一人一人のエーテル体の鍛錬チェック

それぞれが自己流になっている部分を修正

・16のオイル ally を使い周波数の段階を味わう。

 

平日クラス2日目

・2チャクラエネルギーワーク

土日クラス 2日目

2チャクラとの対話。

(しっかりと自分の2チャクラにアクセスして話を聞く)

2チャクラにジャックの16のオイルを選んでもらって、

味あわせる。

 

今月は、クラスでエーテル体鍛錬を始めた事によって、

クラス全体のエネルギーの変化がありました。

一人一人もより深い課題が明確に見えてきたように思います。

自分が変わる事によって場のエネルギーが開かれる

という事が少し理解できたのではないでしょうか。

「2チャクラの内的な空間を味わう」

手放しで、「2チャクラが安全で芳醇なエネルギーに満ち溢れている」

という状態になるには、段階が必要ですが、

うわべだけではなく、ここでしっかりと獲得する必要があります。

ヴィンテージラインに不可欠だからです。

これは引き続き来月も更に深いワークに入っていきます。

持ち物確認をお願いします。

 

今月の宿題

(1)透明な空間

(2)2チャクラと付き合う

(3)引き続き、眠っている時の状態観察

(4)エーテル体の鍛錬(週1回のレポートお願いします)

 

 

以上

 

エーテル体の鍛錬8・BDA(Body Design Alignment)感情と向き合う 横隔膜

blueprintjapan.com

 

 

真っ暗な時間に先生のお宅に伺って、
一緒に御嶽にお参りさせて頂いたことを懐かしく思い出します。
もう二度と戻ることのない
もう二度と体験することができない
その時、私が感じたエネルギー。
あの時にそれを無視しようとして寝込み、
師匠からお叱りを受けました。
それから、
私の人生は変わりました。

住む領域の違う師匠のシャーマニズムの世界は、
伺う時に垣間見させていただくだけですが、
ムヌシリとしてのお役目を果たしたいらっしゃる師匠のエネルギーに浸れるのは、
本当に奇跡のような時間です。

14年前に偶然にお目にかかり、7年前に再開して、また7年後の今に至ります。
私の人生は、7という1つの単位がある様です。

今回師匠からは、
「『たま』をいただいていらっしゃい」
と、御嶽に送り出してもらいましたが、
その「たま」は、何かの頂き物ではなく、
「透明になりなさい」
と、ますます「エゴイズム」を手放しなさいというメッセージでした。

7年前にも同じように「たま」をいただきましたが、
その時の私は、メッセージをアストラルの次元で受け取ることしか出来なかった事を懐かしく思い出します。

ヒマラヤと沖縄を繋ぐ宅急便は、
お届け完了しました。

 

以上、Facebookより転載。

 

 

 

さて、この時に頂いた「たま」は、

私たちの成長を加速させています。

(クラスメンバーのフィードバックの苦悩は良いスパイスになっています)

苦闘に次ぐ苦闘があり、

しかし、それを再び回避させたり、麻痺させたり、

他者の手に委ねたりせずに自らの内的なエネルギーの動きと呼応させ向き合い続けると、

つぎなる扉が開きます。

それは今までみたことのない世界を見せてくれるでしょう。

 

沖縄での「たま」

のお力が真実以外の何ものでもないことがわかります。

いいですか、

「何かをいただくのではなく、持っているものに気づかせてくれる」

のです。

他にはありません。

自分の中に答えがあることを教えてくれるのです。

 

沖縄に行っていないメンバーもクラスでこの

「たま」

とそのためにブレンドされたオイルをお試しいただこうと思います。

皆の努力があって、頂けた「たま」ですからね。

 

おそらく、外に頼っているうちは、

それが、どこか外にあると思っているうちは、

どんなに近づいても、それはガラスの外側から観る景色なのだと思います。

内側に向き合い続け、1つづつ丁寧に良い事も悪い事も向き合っていると、

自分がガラスの内側に入っている事に気づく時が必ず来ます。

だからこそ、外に目を向けてはいけないのです。

 

そして、ここを通り抜けると

ヴィンテージラインが自ずと開いてきます。

これがいわば、横隔膜の苦悩です。

 

f:id:yukiyamamoto:20190218063353j:image

 

エーテル体の鍛錬 7・BDA(Body Design Alignment) 感情と向き合う 2、3チャクラメソッド

blueprintjapan.com

 

エーテル体研究のフィードバックを見ていると、

出てくる感情の問題で浮かび上がるのは、

やはり2、3チャクラの問題です。

ここで注目していただきたいのは、

「自己感情」

「他者が介在するようになってからの感情」

です。

ここがしっかりと区分けできていないと、

自己感情=ネガティブ

という間違った公式を当てはめてしまうのです。

 

おおよその感情的な問題は、

他者を介してやってきます。

もしも、人間がずっと一人で誰にも合わずに暮らしていたならば、

(もちろんネットなどの情報源もなく)

感情が揺れる要素はおおよそ排除されるでしょう。

山に篭って修行するスタイルです。

 

そして、他者を介しての感情、いわば3チャクラの問題から脱するには、

1チャクラの安定と

2チャクラの絶対的に安全な感情領域が必要だと思います。

いわば、山でのお籠りが2チャクラで、

外での生活が3チャクラなのです。

どうも見ていると、

2、3チャクラを曖昧に捉えているように思えるので、

ここをしっかりと区分けしていくことが必要かと思われます。

 

自分の2チャクラ領域は、

温かな温泉に浸かるように心地よい自分だけの聖域です。

 

先ずは、ここをしっかりと分け

それぞれのエネルギーをじっくりと感じましょう!


f:id:yukiyamamoto:20190215072817p:image

 

3月9日、1部はそろそろ締め切ります。

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

 

沖縄・5年かけてのミッション 2019/2

blueprintjapan.com

 

みなさま、ごきげんよう

沖縄の師匠のところに旧暦新年のご挨拶に行ってまいりました。

今回は、ヒマラヤから持ち帰った仏像と一緒にご挨拶です。

クラスでエーテル体研究に取り組んでいるせいか、

短い時間ながらエネルギーにリズムが生まれ、

非常に楽しく濃密な時間でした。

f:id:yukiyamamoto:20190214073820j:image

今回は、参加者の質問がいつになくアストラルチックだったので、

先生の質問に対する回答の際のエネルギーの入り方が

物凄かったです。

その力強いご様子を見て、

この地で紡がれてきたシャーマニズムの世界

を垣間見させていただくことができました。

 

そして、

神の手

実は神の手が下された時期は、

私が7年前に師匠と再会した辺りだということがわかり、

完成したそれを、のちに教えていただけた幸せを感じます。

まだ暗いうちから御嶽に日々呼び出されて、

伝授されたそうです。

 

その時期、

真っ暗な時間に先生のお宅に伺って、

一緒に御嶽にお参りさせて頂いたことを懐かしく思い出します。

もう二度と戻ることのない

もう二度と体験することができない

その時、私が感じたエネルギー。

あの時にそれを無視しようとして寝込み、

師匠からお叱りを受け、

無視せずに耳を傾けるようになってから、

私の人生は変わり、ヒマラヤにまで行くようになり、

今に至ります。

本当に奇跡のような時間でした。

 

それは、師匠に初めて御嶽でお目にかかって7年後の出来事です。

そして、その再会から今年で7年。

前回伺った時に

「次回、ヒマラヤから持ってきた仏像をお持ちします」

と手を合わせていた時に思わず言っていた私。

この時の言葉、全く思考を通してないし

事前にその計画もありませんでした。

口からエネルギーが出て行った

とても不思議な感じ。

 

 

 

思い返せば、今から5年前、

与那国島の人気のない山の中腹に立つ別荘に何故だか一人で泊まることになりました。

そこで一人きりになると、

何故だかシャイニングが脳裏に蘇ります。(私史上一番怖い映画)

人のエネルギーの入らない圧倒的な自然の中で、

時空はあちらの世界へと通じていたのかもしれません。

広大な別荘で小さくなってベッドに入ったら様々なエネルギー体に囲まれ、

一晩中、力強いエネルギーに導かれての冒険は、あの土地だからこそ起きたのでしょう。

夜がしらじらと開け始めた頃にベッドに戻り、

「次に行くのはここ」

と見せられたのがマチャプチャレ。

そして、ひと月半のちの3月マチャプチャレ到着。

それからヒマラヤとの繋がりができて、

私の人生の新たな道を歩み始めました。

そして様々な恩恵を受けました。

 

しかし、

その時、知らなかったのです。

それがミッションだったことを。

 

今回、仏像をお渡しした晩。

ベッドで横になっていると、

5年前の力強いエネルギーが再び迎えにきました。

本当にお久しぶりです。

そして、ミッションを遂行したことを告げられました。

ヒマラヤ(天)と琉球(地のさらに下、水によって守られている)ラインのこと。

そういえば、ヒマラヤはかつて同じ海の底にあったのですもの。

 

今回

仏像を祭壇に奉納した時、

師匠が

「こちらの神様が涙を流されているのを初めて見ました。

戻ってきたことを喜ばれています」

とやはり涙を流しながら話されていたのを思い出しました。

f:id:yukiyamamoto:20190214073753j:image

この仏像を初めて見た時、

上から光がスッと入ったのを見て、

仏像に全く興味のなかった私が、値段も聞かずに

「買って帰ろう」

と、日本に連れ帰りましたが、

その時も、ミッションだったことなんて1ミリも思っていませんでした。

もっとも、「仏像を持ち帰ってきなさい」

という具体的な言葉であれば、

「アストラルの存在め!去れ!」

と言い放って無視して

けしてやらなかっただろうとも思います。

 

この為にだけではないにしろ、

その後、YEメソッドを教えられ、

徹底的にエゴイズムの取り組みをし、

ヒマラヤに通う足腰を培ってきました。

 

朝食をいただきながら今回同行してくれたメンバーに

昨晩のミッションの話をしていると、

先生から電話が入りました。

今朝のお祈りで、

「この仏像は、隣に神殿を建てる時に入れる」

と言われたとのこと。

世界中の三十三御嶽を繋ぐそうです。

その一番最初の仏像になるとの事。

 

私にとって、それがどういう事なのか、

それが良い事なのかどうかもわかりませんが、

とりあえず、ミッション完了です。

 

上のツールになる。

上に使っていただく。

それって、最初から

「これを成すのです」

という使命がある事かと思いがちになります。

ともすれば、そこに、

「やり遂げる私」

とか、「犠牲心」

というエゴイズムも登場するだろうし。

 

しかし、今回メチャクチャ気持ちが良いのです。

「何やらされているか全く知らず、

宅急便として動いていただけ」

なのですけれど。

 

ホースがホースとして機能した心地よさを

身体、心、エネルギー共に感じるのです。

「こんなに気持ちよかった事ってあるかしら?」

って位に気持ちの良い時間をいただきました。

 

そして、

知らず知らずにこのミッションに同行したメンバー。

楽しかったですね。

ちょっと見えない世界システムに足を踏み入れた感じです。

 

 

 

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

 

 

 

 

エーテル体の鍛錬 6・BDA(Body Design Alignment) 感情と向き合う

blueprintjapan.com

 

昨日は、補講があり

エーテル体研究鍛練をじっくり行いました。

この中で特筆すべきことは、

「内的なこだわり」

の事を内省し、話し合うだけで、

身体の状態が実際に変化する事です。

いかに私たちの身体は感情と結びついているのかがわかりますね。

 

ある一つのポイントを遵守する事が

内的な部分を照らし出し

それが道に繋がる事が掴めてきました。

そして、

私たちが自らの「エゴイズム」と認識してきた部分は、

いかに表面的なものであったかという事もよくわかります。

今までYEメソッドで扱ってきた部分は氷山の一角であり、

私たちはいよいよ表面下に眠っていた本質的な部分への旅を始めているのです。

エーテル体が教えてくれます。

 

就寝前のワークを皆がしてくれているので、

感情がどのように動いているのかが痛いほどわかります。

 

今まで気付きもしなかった感情が自分の中にある事に気づいた人。

そして、その事によって身体が緩み始めた人。

 

眠れないほど感情が出てきた人。

私も眠れない夜を過ごしました。

 

「メンバーが持つ感情は全て私の中にもあるもの」

一人一人の感情は、私も共有しています。

自分の無意識下にある感情に気づき揺れる時も、

眠れない夜を過ごす時も、

私も他のメンバーも共に歩み続けている事を

もしも、息が切れそうになったら思い出してください。

 

今日のジャックのオイルは、

 

f:id:yukiyamamoto:20190207073549j:image

「roots and stars」

Roots feeding

branshes, leaves, flowers,

The stars calling, yearning

for more closeness.

The flower whispers back:

I trust my roots.

Into the dancing earth,

forever fertile darkness,

roots guide my journey

to kiss you, the stars.

 

 

私たちは、
これらをクリアできる事を

そして、それによって更に進む事ができること、

そして、その道のりは自分の中にしかないこと、

それを確信して生まれてきたのです。

 

 

エーテル体の鍛錬 5・BDA(Body Design Alignment) 出てくる滞り

blueprintjapan.com

 

クラスでエーテル体研究の鍛錬を始めてから2週目が終わり、

フィードバックが続々と入ってきています。

 

今後、多くの人に共有してしてもらう事になるかもしれないので、

記録として残しておきます。

 

鍛錬を続けていると、

身体・心・エネルギーの滞っている部分が、

自分でも明確にわかるので、

「自分」を多角的に知ることが出来る素晴らしいツールである。

ということが分かります。

多くの人が大好きな占いや、エネルギーチェック、スーパーヴィジョン

という他者を介しての

「誰か基準のチェック」

ではなく、

「自分基準のチェック」

です。

この時点で既に自分軸です。

故に、出てくるものに対してぐうの音もでません。

人に指摘されると反発したくなるし、

どうしてもその人の主観が入りますので

受け入れがたいこともあるかもしれませんが、

気づかなかったことまで、自分でわかってしまうのですから

仕方ありません。
 

そして、出てきたものに日々向き合い、解消する事が、

(2つ前のジャックの16のオイルと1つ前のヒーリングチャクラ7のブログを読み返して!)

実は、既に次のステップに進んでいる証拠だということに

もう気づいていらっしゃる方もいるかもしれません。

ゆっくりと安全にヴィンテージラインを昇っているのです。

(VS「自分の想念」という域を出ないアストラルライン)

その為にもエーテル体を明確にしましょう。

これがヴィンテージラインを進むための乗物になるのですから。

それがどんな道なのか海なのか、宇宙なのか!

ワクワクしませんか?

その為の乗り物造りです。

これなしに

ヴィンテージラインを乗り切ることはできないのではないかと思っています。

 

それと共に、すでに蛹が蝶になるような変容過程を歩んでいるのです。

 

f:id:yukiyamamoto:20190205072331j:image

 

 

身体・エーテル体鍛錬の主軸・土台ともなる、

初心者のための鍛錬を教えていただける

小用先生の

「医療従事者と初心者のためのコース」

は、3月9日です。

すでに予想していた人数の半数の席が埋まっています。

2月末の締め切りを待たずして、

締め切る可能性がある事、ご了承ください。

詳細は以下リンクから。

 

yukiyamamoto.hatenablog.com

 

 

 

 

 

エーテル体の鍛錬 4・BDA(Body Design Alignment) 感情と向き合う ヒーリングチャクラ7

blueprintjapan.com

 

2週目を終えたクラスのエーテル体研究ですが、

ここに来て、感情の波が押し寄せているとのフィードバックが多く寄せられています。

これは、非常に順調である事の証拠でもあります。

なぜなら、しっかりと手順を守っているからです。

これがないとエネルギーの変容ではなく肉体レベルのパワーで終わってしまいます。

上手くいっているのでご安心ください。

 

その為のツールとして、昨日ジャック16のオイルをお勧めしました。

更に、就寝前に1日に上がってきた感情をしっかりと復習して眠る事。

エーテル体が充実してくると、

エネルギーが活性化してくるので、

様々な滞りを発見し、

更にはその滞りを解消し、

つぎなる扉が開いていきます。

(しっかりとコツコツと続けていれば)

これらは全て自分に向き合う作業です。

 

対人において、どんな感情が出てこようとも、

それは自己感情の取りこぼしている部分なので、

しっかりと手のひらに乗せてください。

 

形態を整え

質量をより良きものに変容させ

出てきた感情をしっかりと掌握する

 

今はここまでやっていますが、

ここをしっかりやっているかどうかで、

次なる扉が開くか、そこを抜けられるかが決まってきます。

 

YEメソッドでは、見落としていた潜在的な所まで

炙り出してくれるので、

ありがたい事です。

 

さて、ジャックのオイルで感情を見ることができた後、

現代社会に出ている私たちは、

マウイのジャックのお家にいるように生活する事はできません。

ですから、感情の処理をもうオクターブ上げておく事は

とても安心ですし、楽になります。

もし、お手持ちでしたらヒーリングチャクラ7を使ってください。

地球の魂を存分に与えてくれるジャックの16のオイルと

上からの指示で作られたヒーリングチャクラ7

(ここにもジャックの精油はふんだんに入っていますが)

は、周波数の層が良い感じのハーモニーを作ってくれます。

 

行かれた方はわかると思いますが、

ヒマラヤは、別世界の周波数の場です。

その各所で作られた環境エッセンスが10本の指では数えられないほど入っています。

 

次なる扉を開ける前に息切れしてしまわないように、

楽しく優雅にいきましょう。

大丈夫。

私たちには、倒れずに折れずに進んでいくチカラを養ってきているのですから。

 

f:id:yukiyamamoto:20190204074018j:image

 

身体・エーテル体鍛錬の主軸・土台ともなる、

初心者のための鍛錬を教えていただける

小用先生の

「医療従事者と初心者のためのコース」

は、3月9日です。

すでに予想していた人数の半数の席が埋まっています。

2月末の締め切りを待たずして、

締め切る可能性がある事、ご了承ください。

詳細は以下リンクから。

 

yukiyamamoto.hatenablog.com