イシスの息吹

since 2014-06-27 / Copyright 2014. 山本ユキAll Rights Reserved. ブログ・イシスの息吹及び裏・イシスの息吹の内容を許可なく転載・転用することを禁じます ブログのリンクはその限りではありません

BDA ー 重力を感じ、いただいた重みを使って委ねる事

 
ブループリント協会(ヒーリングチャクラ7扱っています)
 
YEメソッド(これをせずしてエネルギー語るべからず)
 
(マニアックな記事はこちらに更新中 YEメソッドせずして見るべからず)
 
次回の医療従事者クラスンク )は、 10月20日(土)12:00〜です。
   
 
10月8日(祝日㊗️)
お申し込みはこちらから
https://kokucheese.com/s/event/index/535347
  
 
 
ワイ島ではほとんど海中で過ごし、
浮力や海という質量に委ねることと共に、
「重力」について大いに考える機会になりました。
 
ワイ島に発つ前から、

http://yukiyamamoto.hatenablog.com/?page=1536182783

「大地に身体を委ねる」という事に関する実験を色々やっていましたが、

そうしていると、

如何に日常自分の身体の重さ(重力)がある事を麻痺させて生きているか

ということに気づきます。

5キロの荷物を持つと、

重さを感じますが、

例えば自分が5キロ太っても5キロの荷物を常に持っているような感覚はないのです。

 

一本めのダイビングからボートに上がろうとした時、

海の浮力に委ねた身体を重力の世界に戻すことが本当に大変でした。

自力で上がることができずに、

手伝ってもらって這い上がり、

重い機材を身体から離しても、

自分の身体の重さを維持することが暫く難しかったのです。

インストラクターの方は、

「大げさな〜」

と仰るのですが、

本当に自分の身体を持ち上げるのが大変なのです。

 

「地上で生きるのは大変だわ」

ボートの上で海を見つめながら思いました。

 

しかし、日常に戻って、ふと気を許すと麻痺させた身体の使い方に戻ってしまいます。

腕は腕の重さがあり、

脚には脚の重さがある事を忘れ、

地面の上に積み上げて生きてしまう。

そこから様々な麻痺が始まります。

地面に委ねる体感を経験せずして、

どうして身体を委ねられましょう。

どうして心を委ねられましょう。

どうしてエネルギーに委ねられましょう。

 

「この肉体を持って生まれてきた意味とは?」

私はよく考えます

「重力を感じていただいた重みを使って委ねる事」

は、

この地球に生まれてきた大きな大きな大きな意味であり、

ここでしか味わえない事、

経験できない事

なのではないかと思うのです。

地面に委ねる体感は、

私にとって本当の「委ねる」を教えてくれました。

 

これは、器としての身体のみならず、

上の周波数のエネルギー体の構築の貢献にも繋がるのです、

 

そして、「委ねる」と、

基本質量の密度が濃密になり、

エネルギーの質量は確実に向上し、

そこに周波数を乗せると、

様々なエネルギー体がパキッと的確になる事を

体感しております。

BDAのブラッシュアップです。

まだまだ学ぶ事だらけでエキサイティングな世界です。

 

 

f:id:yukiyamamoto:20180926121205j:plain